ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 観光情報 > 観光情報 春

観光情報 春

印刷用ページを表示する掲載日:2018年5月3日更新

アーモンドの丘

 

桜のように可憐な花を咲かせるアーモンド。

「この花が町中に溢れたら」-その思いは,庭に植えられた一本の苗から始まりました。

アーモンドは南国の果実ですが,湧水町でも収穫が期待できることが分かったのです。

現在,栗野岳中腹にあるアーモンドの丘に約2000本のアーモンドを栽培中です。

咲き誇る花と国産アーモンドの美味しさが,町の新しい特産品となる日はもうすぐ
です。

 

アーモンド花

 

 

池平公園

約400本の桜やツツジなど四季折々の花木が植えられ,県の森林浴の森・山菜コースに選定されています。

春先にはワラビ狩りなどが楽しめる小高い丘の公園です。

また,3月中旬~4月上旬には夜桜が楽しめるように提灯の点灯を行います。

桜 池平公園2

 

ホタル観賞

町内のいたるところで5月下旬~6月上旬にかけてホタルの乱舞を見ることができます。

また,町内ではホタル関連のイベントとして「川添ホタルを観る夕べ」と「まつやまホタル舞う里」
がこの時期に開催されます。

ホタル1 ホタル2

 

 

ヒガンザクラの自生南限地

3月末~4月初めかけてピンクと白の花を咲かせるヒガンザクラ。

湧水町が自生南限地で,国の天然記念物に指定されています(大正12年3月7日)

ヒガンザクラ1

三日月池(ノハナショウブ自生南限地)

国の天然記念物に指定されているノハナショウブの見頃は5月~6月中旬。

この三日月池に自生する「ノハナショウブ」は,ここが自生南限地であり,おもな自生地は
アジア大陸の東北部と日本だけ見られるもので,この南限地は植物地理学,同形態学,
園芸学上から重要視されています。

また,この三日月池は,「児童文学者・椋鳩十」氏の動物物語で有名な「大造爺さんとがん」の
舞台になっており,ここ三日月池に記念碑が建立されています。

ノハナショウブ1 ノハナショウブ2