ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

町議会の仕事

印刷用ページを表示する掲載日:2018年2月1日更新

町議会には議決機関としての役割を果たすため、さまざまな権限が与えられています。

議決

町長や議員から提案された議案を審議し、町としての意思を決めることを「議決」といいます。その主な項目は、次のとおりです。

  1. 条例を新設、改正、廃止すること。
  2. 予算を決めること。
  3. 決算を認めること。
  4. 町の税金、使用料、手数料に関すること。
  5. 予定価格5千万円以上の工事や製造の請負、7百万円以上の財産の取得または処分をすること。
  6. その他、法律や政令、条令により町議会の権限とされていること。

選挙・選任の同意

議長や副議長、選挙管理委員会委員などを選挙で選んだり、町長が副町長、教育委員、監査委員の選任をするときに、同意するかどうかを決めます。

意見書・要望書

町民の暮らしに関する身近な問題でも、それが国や県などの仕事であるため、町の力だけでは解決できないことがあります。このような場合には、町議会の意見を「意見書」や「要望書」として関係機関に提出して、改善や解決を求めていきます。

決議

政治的な効果を期待して、町議会の意見を内外に明らかにします。

町政のチェック

町の仕事が、正しく運営されているかを調査したり、報告を求めたり、町の事務の進行状況や出納の検査をすることができます。

Googleカレンダーへ登録の画像 Googleカレンダーへ登録<外部リンク><外部リンク>
Yahoo!カレンダーへ登録の画像 Yahoo!カレンダーへ登録<外部リンク><外部リンク>