ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織で探す > 企画財政課 > 湧水町まち・ひと・しごと創生 総合戦略

湧水町まち・ひと・しごと創生 総合戦略

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月1日更新

湧水町まち・ひと・しごと創生 総合戦略

 日本の出生数・出生率は 1970 年代半ばから長期的に減少傾向であり,今後人口減少は加速的に進むことが予測された。 

  このことを受け,内閣府は,平成26 年 12 月 27  日に50 年後に 1 億人程度の人口を維持することを目指し,日本の人口動向を分析し,将来展望を示す「長期ビジョン」を策定した。これを基に,地方公共団体は,平成 27 年度中に各自人口動向を分析し,将来展望を示す「地方人口ビジョン」の策定に努めることとし,この困難な課題に国と地方公共団体が力を合わせて取り組んでいくことが,何よりも重要であるとしている。 

  国の長期ビジョンでは,地方創生における将来の日本のビジョンを示している。湧水町では,独自の将来人口の推計を行い,目指すべき将来の方向性を設定するために,湧水町人口ビジョンを策定する。 

  地方への耐用な支援と「切れ目」のない施策の展開として,地方公共団体が策定する地方人口ビジョン及び地方版総合戦略においては,国より情報支援,財政支援,人的支援が行われている。これら支援を基に,湧水町では,湧水町人口ビジョンの策定を行い,施策目標や施策に関するとりまとめを行う地方版総合戦略の策定に向けた基礎資料とする。 

人口ビジョン及び総合戦略

 人口ビジョン及び総合戦略 [PDFファイル/1.74MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Googleカレンダーへ登録の画像 Googleカレンダーへ登録<外部リンク><外部リンク>
Yahoo!カレンダーへ登録の画像 Yahoo!カレンダーへ登録<外部リンク><外部リンク>