ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織で探す > 農林課 > 硫黄山噴火に伴う平成31年度水田作付(転作)について

硫黄山噴火に伴う平成31年度水田作付(転作)について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月30日更新

本年度,えびの高原硫黄山噴火により川内川からの取水を行わないことに伴い,水稲作付ができなかった地域では水稲共済や転作による対応を余儀なくされました。

 現在,川内川の水質は環境基準値内を推移しているものの,平成31年度水稲作付けの可能性は不明な部分があります。

 このような中,これから作付け予定となる冬作のイタリアンライグラスが,来年5月頃の収穫となり,平成31年度水田活用の直接支払交付金の対象となることから,来年度の水稲作付の可能・不可能にかかわらず,冬作のイタリアンライグラスの作付けについてご検討ください。

 なおイタリアンライグラスを作付けする場合,耕種農家については畜産農家との飼料供給契約等が必要となりますので役場農林課またはまちづくり推進課にて手続きを行ってください。 

【問合せ先】 栗野庁舎 農林課 Tel:74-3111(内線2234)

       吉松庁舎 まちづくり推進課 Tel:75-2111(内線3104)

 

Googleカレンダーへ登録の画像 Googleカレンダーへ登録<外部リンク><外部リンク>
Yahoo!カレンダーへ登録の画像 Yahoo!カレンダーへ登録<外部リンク><外部リンク>