○湧水町JR肥薩線利用促進強化事業実施要領

平成31年4月1日

告示第6号

(目的)

第1条 湧水町内の保育園,幼稚園,子ども園,小学校及び中学校,子ども会及びスポーツ少年団等を対象に,JR肥薩線(吉松―隼人間)を利用した社会見学,団体利用促進旅行,文化・スポーツ交流,その他湧水町長(以下「町長」という。)が認める活動を支援することにより,JR肥薩線への愛着を深め,地域鉄道の必要性を再認識することを目的とする。

(助成内容)

第2条 JR肥薩線(吉松―隼人間)を利用して,次条第2項に掲げる活動を行う8人以上の団体(随行者も含む。)に対し,本事業予算額の範囲内において,同鉄道の運賃の実費全額を助成する。

なお,次条第1項第1号に定める団体の往復利用の場合に限り,JR肥薩線各駅から目的地間の2次交通について,3万円を上限にバス借上料を助成する。(3万円に満たない場合は,実費額とする。)

2 助成額は,JR肥薩線の区間の乗車運賃(往復での利用も可)とし,1団体1回につき10万円を上限とする。ただし,団体割引を適用する場合は,当該運賃とし,JR肥薩線(吉松―隼人間)を超えて利用した場合には,JR九州が定める助成対象区間の1人当たりの割引運賃に人数を乗じた額とする。

3 助成対象となる団体の申請回数の上限は,設けないものとする。

(申請者及び助成対象活動)

第3条 申請者は,湧水町内に存立する次の各号に掲げる団体の代表者とする。

(1) 保育園,幼稚園,こども園,小学校,中学校

(2) スポーツ少年団,部活動

(3) 子ども会(育成会含む。),PTA,自治会,地区

(4) 任意のJR肥薩線利用団体

(5) その他,町長が適当と認める団体

2 助成対象となる活動は,次の各号に掲げるも活動とする。ただし,前項第1号の団体にあっては,8人以下の場合でも,町長が認める場合には対象とする。

(1) 社会見学(遠足等),校外授業

(2) 団体利用促進旅行

(3) 文化(展覧会鑑賞,大会等)・スポーツ交流(試合,合宿,試合観戦等)

(4) その他,町長が適当と認める活動

(利用方法)

第4条 助成を受けようとする者は,原則としてあらかじめ「湧水町JR肥薩線利用促進強化事業助成申請書」(第1号様式)を,町長に提出しなければならない。

2 町長は,助成を決定したときは,当該申請者に対し,「湧水町JR肥薩線利用促進強化事業助成承認書」(第2号様式)を交付する。

3 前項の交付を受けた者は,本事業終了後,「湧水町JR肥薩線利用促進強化事業実績報告書兼請求書」(第3号様式)に関係書類を添えて,町長に提出しなければならない。

4 前項の報告書により助成金に変更があった場合,第2条第2項に規定する額を超えない場合であって,かつ,本事業予算額の範囲内であれば変更交付を決定するものとし,当該申請者に対し,「湧水町JR肥薩線利用促進強化事業助成変更承認書」(第4号様式)を交付するものとする。

(雑則)

第5条 この要領に定めるもののほか,必要な事項は,町長が別に定める。

附 則

この要領は,平成31年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

湧水町JR肥薩線利用促進強化事業実施要領

平成31年4月1日 告示第6号

(平成31年4月1日施行)