○湧水町金山白ネギ振興対策事業補助金交付要綱

平成30年3月26日

告示第11号

(目的)

第1条 この告示は,金山白ネギの生産振興と農家所得の向上及び経営の安定を図るため,育苗に要する経費及び生産機械等の整備に対して補助金を交付する。

(補助事業対象者)

第2条 補助の対象となる者は,金山白ネギを生産する本町の野菜振興会に加入する農業者及び営農集団(農事組合法人,農事組合法人以外の農業生産法人,その他農業者で組織する団体をいう。)のうち,この要綱による補助金の交付申請時において納期限が到来している町税に未納がない者とする。

(補助対象事業)

第3条 この補助金の対象事業,補助対象経費及び補助率は,別表のとおりとする。ただし,生産機械等の整備に係る事業については,算出された額に1,000円未満の端数が生じるときは,これを切り捨てる。

(対象期間)

第4条 育苗に要する経費については,前年度の1月1日から当該年度の12月31日までとする。

2 生産機械等の整備に係る対象期間は,当該年度の4月1日から3月31日までを対象とする。

(事業実施者)

第5条 育苗に係る事業の事業実施者は,湧水町野菜振興会とする。

(補助金の交付申請等)

第6条 事業に係る補助金交付事務は,湧水町補助金等交付規則(平成17年湧水町規則第33号)を適用する。

2 前項の規定によるもののほか,補助金の申請(実績報告)をしようとする者は,次の各号に掲げる書類を添付しなければならない。

(1) 育苗に係る事業 個人別箱苗等の配布計画(実績)明細の写し

(2) 生産機械等の整備 白ネギ生産計画書(別記様式)

(3) その他町長が必要と認める書類

(立入検査)

第7条 町長は必要があると認めたときは,補助事業者に対して,補助事業の実施状況の報告及び帳簿,書類その他物件を検査する。

(決定通知の取消し又は補助金の返還)

第8条 町長は,補助事業者が次の各号のいずれかに該当する場合は,決定通知を取り消し,又は既に交付した補助金の返還を命ずる。

(1) 申請書その他,関係書類に虚偽の記載をしたとき。

(2) 補助事業の施行方法が不適当であると認めたとき。

(3) 決定通知の内容又はこれに付した条件その他町長の指示に違反したとき。

(4) 前条の規定による報告をせず,若しくは虚偽の報告し検査を拒み,妨げ,若しくは忌避し,又は質問に対して答弁せず,虚偽の答弁をしたとき。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか,必要な事項は,町長が定める。

附 則

この要綱は,平成30年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

対象事業

対象経費

補助率等

育苗補助

農協から購入した箱苗(ただし個人育苗は作付面積を箱苗に換算)の費用

1/2以内。ただし,新規白ネギ栽培農家については,栽培開始から1年間対象経費の全額補助するものとする。

機械整備事業

生産量増加を主な目的として,生産に必要な機械等の整備を行う費用(トラクター等汎用性のある機械は除く。)

1/3以内

1事業体あたり事業費限度額

生産計画面積150a以上 450万円

生産計画面積100a以上 300万円

生産計画面積50a以上 200万円

生産計画面積30a以上 100万円

生産計画面積10a以上30a未満 50万円

画像

湧水町金山白ネギ振興対策事業補助金交付要綱

平成30年3月26日 告示第11号

(平成30年4月1日施行)