○湧水町地区公民館等福祉拠点整備事業補助金交付要綱

平成27年4月1日

告示第9号

(目的)

第1条 この要綱は,地区公民館等福祉拠点整備をすることにより,地区民及び自治会員が健康教室,介護予防教室へ参加促進,交流促進,安全・安心に公民館等を利用できる環境整備について,施設管理者に対して行う,湧水町地区公民館等福祉拠点整備事業補助金(以下「補助金」という。)交付について,湧水町補助金等交付規則(平成17年湧水町規則第33号。以下「規則」という。)に定めるもののほか,必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付)

第2条 町長は,地区公民館,自治公民館等の施設整備をする施設管理者に対し,予算の範囲内で補助金を交付する。

(補助対象事業)

第3条 補助対象となる事業は,地区公民館,自治公民館等の出入口及びトイレへのバリアフリーを目的にスロープ又は,手すりの設置にかかる事業とする。

(補助対象経費等)

第4条 補助対象経費は全額補助とし,その額が50万円を超える場合は,50万円を限度とする。

(補助金の交付申請等)

第5条 この補助金の交付事務は,湧水町補助金等交付規則を適用する。

2 前項の規定により,補助金交付申請をしようとするものは,次の各号に掲げる書類を添付しなければならない。

(1) 事業計画書

(2) 収支予算書

(3) 付近の見取が分かる図面

(4) 工事の設計書

(5) その他町長が必要と認める書類

(補助金の交付決定)

第6条 補助金の交付の決定通知は,規則第4条に規定する補助金等交付決定通知書により行うものとする。

(実績報告)

第7条 補助金の交付の決定を受けたものは,事業完了後,速やかに規則第11条に規定する事業実績報告書を町長に提出しなければならない。

(補助金の額の確定)

第8条 補助金の額の確定通知は,規則第12条に規定する補助金等交付確定通知書により行うものとする。

(補助金の交付)

第9条 補助金等交付確定通知書を受けたときは,補助金の交付を請求することができる。

2 補助金は,前項の請求によるほか,規則第13条に規定する概算払により交付することができる。

(委任)

第10条 この告示に定めるもののほか,補助金の交付等に関し必要な事項は,町長が別に定める。

附 則

この告示は,平成27年4月1日から施行する。

湧水町地区公民館等福祉拠点整備事業補助金交付要綱

平成27年4月1日 告示第9号

(平成27年4月1日施行)