○湧水町職員の勧奨退職実施要綱

平成17年5月1日

訓令第57号

(目的)

第1条 この訓令は,湧水町職員の勧奨退職について規定し,もって職員の人事の刷新と行政能率の向上を図ることを目的とする。

(対象者)

第2条 この訓令の対象となる職員は,次の各号のいずれかに該当する職員で,前条の目的にそって退職する者とする。

(1) 年齢50歳以上59歳以下で職員として勤続年数が20年以上の者

(2) 前号の規定によるもののほか,職員としての勤続年数が10年以上で町長が必要と認める者

(勧奨退職の手続)

第3条 勧奨退職の適用を受けようとする職員は,原則として勧奨退職申出書(第1号様式)を退職予定日1年前まで(町長が認める特別の事情がある者を除く。)に,町長に提出しなければならない。

2 町長は,前項の申出を承認したときは,提出のあった日から30日以内に勧奨退職通知書(第2号様式)を当該職員に交付するものとする。

3 前項により勧奨退職通知を受けた職員は,通知を受けた翌日から7日以内に町長に退職願(第3号様式)を提出しなければならない。

(退職日)

第4条 この訓令に基づき退職する職員の退職日は,翌年3月31日とする。ただし,町長が特に必要と認めた場合は,この限りでない。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は,平成17年5月1日から施行する。

(対象者の特例)

2 第2条第1号を平成22年3月31日までの間に限り,次のように読み替えるものとする。

(1) 退職日において,年齢40歳以上59歳以下の職員

(勧奨退職の手続の特例)

3 第3条第1項の規定にかかわらず,平成18年3月31日に退職しようとする者に限り,同項中「退職予定日1年前まで」とあるのは「平成17年12月31日まで」と読み替えるものとする。

附 則(平成17年11月1日訓令第58号)

この訓令は,平成17年11月1日から施行する。

画像

画像

画像

湧水町職員の勧奨退職実施要綱

平成17年5月1日 訓令第57号

(平成17年11月1日施行)