○湧水町小規模土地改良事業及び農業農村生活環境施設整備事業原材料等支給要綱

平成17年8月1日

告示第71号

(目的)

第1条 この告示は,小規模土地改良事業及び農業農村の生活環境施設整備事業を行うものに対し,その事業に要する原材料及び機械借上料(以下「原材料等」という。)について毎年度予算の範囲内で支給し,農業生産基盤の整備及び農村生活環境の整備を行い,農業生産力の増進を図ることを目的とする。

(事業)

第2条 前条に規定するものは,町長が適当と認めた次の事業をいう。

(1) 農道の改良又は新設

 受益面積10a以上

 延長20m以上

 幅員2m以上

 関係者2戸以上

 事業費限度額500千円

(2) 橋梁の新設又は改良

 受益面積10a以上

 前後の農道幅員2m以上で道路利用者は,農地関係者2戸以上

 事業費限度額500千円

(3) 農業用用排水施設の新設又は改良

 受益面積10a以上

 延長10m以上

 関係者2戸以上

 事業費限度額500千円

(4) 農業農村生活環境整備(農業農村生活環境整備事業で公益性があり,利用受益者が限定できない事業)

 農業集落道路

 農業集落排水路

 事業費限度額500千円

(5) その他特に限度額を超えない範囲内で町長が必要と認める事業

(受益者分担金)

第3条 本事業により原材料等の支給を受けるものは,湧水町分担金徴収条例(平成17年湧水町条例第195号)第4条に規定する分担金を負担しなければならない。

(事業の申請)

第4条 第2条の事業を実施しようとするものは,別記様式による申請書を提出しなければならない。

(事業の指定)

第5条 町長は,前条の申請に基づき,査定基準による査定を行い,必要により計画の変更又は事業施行について指示をなし,事業の決定をする。

2 前項の指定は,原材料等の支給決定を併せて行う。

(計画変更)

第6条 前条の規定により当該事業の指定を受けたものが事業計画の変更をしようとするときは,第4条の規定により提出した申請書を添えて変更申請書を町長に提出し承認を得なければならない。

(決定の取消し)

第7条 町長は,事業決定を受けたものが次の各号のいずれかに該当する場合は,事業決定を取り消し,又は既に支給した原材料等の全部若しくは一部の相当量を返還させることができる。ただし,既に原材料等を使用した場合は,その相応する金額を返還する。

(1) 第5条の指定に違反したとき。

(2) 事業の施行方法が不適当と認められたとき。

(3) その他不正の行為があったとき。

附 則

この告示は,平成17年8月1日から施行する。

画像

湧水町小規模土地改良事業及び農業農村生活環境施設整備事業原材料等支給要綱

平成17年8月1日 告示第71号

(平成17年8月1日施行)

体系情報
第7編 産業経済/第2章 林/第2節
沿革情報
平成17年8月1日 告示第71号